荒川区の町工場を支える税理士

荒川区の町工場を支える税理士

昭和30年代、荒川区には自転車関連企業が300社近くあったそうです。荒川区は関東における自転車産業の集積地として知られていたのです。

しかし、その数は次第に減少していったといわれています。時代の変化と共にスーパーやホームセンターで自転車が買える時代となる等、小さな町工場にとって大変な時期があったと想像する事ができます。

そんな中でも、経営努力を重ね継続している町工場があります。そして、この経営の影には、町工場を支える税理士がいます。

荒川区の税理士は、町工場のような小さな企業にとって良心的な顧問料で対応しているといわれています。地域密着型の税理士さんたちが、荒川区の町工場を支えてきたといえるでしょう。

荒川区は、かつて工業地帯であったといわれていますが、今も製造業の事業所が目立つ地域であり零細規模の事業所が多く見られます。

昭和21年から昭和40年創業の事業所の割合が最も高くなっています。

このように長い歴史を持つ事業所が多いという事についても、荒川区の税理士がこれらの経営の、先を見据えた計画に基づき導いてきた証であると言えます。

近年は、都市計画が進み発達してきた荒川区ですが、子育てをするお母さんたちにとって、区の交通網は十分であるとは言えないようです。

そこでお母さんたちの移動手段として普及し始めたのが、子乗せタイプの電動アシスト自転車です。商業施設付近を中心として、電動アシスト自転車が急増しています。

駐車料金が高めで自動車の所有率が低い、都心部独特の生活環境が背景にあると言えるでしょう。

同時に、荒川区が「自転車」の街として注目される時代が再び訪れた、と言う事が出来ます。

そんな中で、荒川区にある町工場の手作り自転車がアメリカのハンドメイドバイクショーで優勝したというニュースを目にしました。

また、日本自転車普及協会主催の「ハンドメイド・バイシクルフェア」で4年連続最高賞を受賞したという自転車工場も荒川区内にあります。

「自転車の街」として奮闘する荒川区の町工場は、自転車産業復権の役割を期待されています。

競輪選手向けの自転車制作を行う工場などもあり、業界を牽引しているという事も伺えます。荒川区の自転車業界は、時代の変化に対応しようと、その形を変えてチャレンジし続けているのです。

しかし、時代が変わってゆく中で、荒川区の町工場を支えてきた税理士の世代交代もあった事が伺えます。町工場を営む経営者の多くは高年齢化し、税理士も同様に高年齢化していると察します。

そんな中で、経営者と税理士がどのように継承し、再生していく事が出来るかに全てはかかっているのではないでしょうか。